So-net無料ブログ作成

2018-01-07



関連ニュース





PING送信リスト

nice!(0)  コメント(0) 

2018-01-06



関連ニュース





無料ホームページ一覧

nice!(0)  コメント(0) 

2018-01-05



関連ニュース





パーソナルトレーニング 名古屋

nice!(0)  コメント(0) 

青学大が逆転V4、最優秀選手には林奎介


第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口から東京・大手町の読売新聞社前までの5区間、109・6キロで復路が行われ、往路2位の青山学院大が6区で東洋大を逆転し、大会新記録の10時間57分39秒で、4年連続4度目の総合優勝を果たした。
東洋大と36秒差でスタートした青山学院大は6区の小野田勇次(3年)が区間賞の走りでトップに立つと、7区の林奎介(けいすけ)(3年)が区間新記録をマーク、8区の下田裕太(4年)も区間賞でつないで突き放した。
最優秀選手(金栗(かなくり)杯)には、林が輝いた。
2018年01月03日
18時56分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

青学大が逆転V4、最優秀選手には林奎介
青学大が逆転V4、最優秀選手には林奎介
「走るの好き」諦めず、難病乗り越え箱根初出場

ネット 稼ぐ 方法

nice!(0)  コメント(0) 

青学・東海・神大「3強」軸…間もなくスタート


第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)は2日午前8時、東京・大手町の読売新聞社前から出場21チームが一斉にスタートする。
大会史上6校目の4連覇を狙う青学大、出雲全日本大学選抜駅伝覇者の東海大、全日本大学駅伝を制した神奈川大の「3強」を軸に、東洋大、早大、駒大、順大なども力があり、例年以上の混戦となりそうだ。
昨季3冠を達成した青学大は今季は振るわず、出雲2位、全日本3位に終わっている。
それでも、選手層は厚く、総合力は高い。
絶対的な大黒柱はいないものの、ともに箱根で2度区間賞の3区田村和希や下田裕太(ともに4年)ら、優勝メンバーも多く残る。
東海大は、「黄金世代」と呼ばれる2年生が中心だ。
エース格の関颯人(はやと)、鬼塚翔太(ともに2年)をそれぞれ1、3区に配置。
スピードランナーがそろうが、全10区間20キロ以上の箱根で、どこまで力を発揮できるか。
神奈川大は前回1区5位の山藤(やまとう)篤司(3年)、同じく2区区間賞の鈴木健吾(4年)を今回もそのまま並べた。
全日本を20年ぶりに制し、勢いに乗る。
序盤で一気に流れに乗れば、1997、98年の連覇以来の優勝も見えてくる。
往路は107・5キロで、ゴールは午後1時30分前後の見通し。
3日は復路があり、往復10区間217・1キロで、総合優勝を争う。
往路の各中継所の予想通過時刻は次の通り。
▽鶴見中継所(1~2区)9時1分
▽戸塚中継所(2~3区)10時8分
▽平塚中継所(3~4区)11時11分
▽小田原中継所(4~5区)12時13分
2018年01月02日
06時45分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

青学・東海・神大「3強」軸…間もなくスタート
2区の区間記録、山学大・モグス1時間6分4秒
箱根駅伝スタート…「3強」軸に例年以上混戦か

無料ホームページ一覧

nice!(0)  コメント(0) 

2018-01-01

ダイエット 名古屋

関連ニュース





nice!(0)  コメント(0) 

2017-12-31

ブラジリアンワックス 大阪

関連ニュース





nice!(0)  コメント(0) 

交通事故で親族亡くした巡査長、箱根白バイ先導


「選手の安全を守りたい」と話す北村巡査長
新春の第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で、神奈川県警第1交通機動隊の北村匠巡査長(28)が、トップランナーを白バイで先導する大役を担う。
親族を交通事故で亡くした経験を持つ北村巡査長は「選手が最大限の力を出し切れるように大会を支えたい」と誓っている。
北村巡査長が警察官を目指したのは中学生の頃。
母親の弟が16歳の時にバイク事故で亡くなったという話を聞いたことがきっかけだった。
遺族を襲った深い悲しみに衝撃を受け、「交通事故でつらい思いをする人を一人でもなくしたい」と思ったのだという。
箱根駅伝では、2015、16年と後続ランナーを先導したことはあったが、先頭を走る選手を誘導するのは初めて。
1月2日の往路で、1区の川崎市から2区の横浜市・戸塚中継所までを担当する。
今年10月、全国の白バイ隊員約120人が技術を競う「全国白バイ安全運転競技大会」に出場し、個人の部で優勝したことで白羽の矢が立った。
自身も大会に向けて練習を重ねたことから、「箱根のために努力してきた選手の気持ちはよくわかる」と話す。
「箱根駅伝の先導は一生に一度できるかどうかの貴重な経験」と語る北村巡査長は「普段の取り締まりと同様に、選手たちの安全を守ることを第一に考えながら精いっぱいやりたい」と力を込めた。
2017年12月29日
16時59分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース

「花の2区」鈴木健、塩尻ら…青学・下田は補欠
交通事故で親族亡くした巡査長、箱根白バイ先導
交通事故で親族亡くした巡査長、箱根白バイ先導

ホームページ デザイン

nice!(0)  コメント(0) 

2017-12-29



関連ニュース





無料ホームページ一覧

nice!(0)  コメント(0) 

2017-12-28



関連ニュース





奈良

nice!(0)  コメント(0)