So-net無料ブログ作成
検索選択

人事案提示拒否の輿石氏発言、民主内も困惑


 公正取引委員会の委員長人事案が事前報道されたことを理由に、民主党の輿石東参院議員会長が8日に予定されていた政府の人事案提示を拒否するとした発言が、波紋を広げた。
 政権与党時代の民主党の対応とは矛盾が目立つ「抵抗野党」路線には、党内でも困惑する声が出ている。
 ◆事前報道
 「(事前報道が)トップ記事だ。ベタ記事とは違う」
 輿石氏は7日の記者会見で、提示を受けない理由の第一に、杉本和行元財務次官を公取委員長に充てる人事案が読売新聞に報道されたことを挙げた。
 しかし、輿石氏の主張は、民主党政権時代の対応と矛盾する。
 昨年7月20日、原子力規制委員会の人事案が読売新聞などで事前に報道された際、政府はいったん国会への提示を見送ったにもかかわらず、その後、原案通りの人事案を提示した。人選を主導したのは当時原発相だった細野幹事長で、細野氏は人事案を提示した理由について、「ベストの陣容だ」と明言していた。
 ◆「問題ルール」
 輿石氏は拒否の理由として同意人事に関するルールに違反することを強調している。だが、事前報道された人事案は原則として提示を受け付けないとした現行のルールは、対象人物の適性などに関係なく、国益を害するとの指摘があり、昨年8月、民主党が提案する形で見直しに入った。ルール作りの最中だから、問題のあるルールに従うというのでは、見直しの趣旨に反するのは明らかだ。
 また、杉本氏の起用は民主党政権時代に内定したものの、国会提示に至らなかったものだ。自民党の鴨下一郎国会対策委員長は7日、国会内で記者団に「国益にかなうか、適材適所かどうかということで民主党が配置した人事で、事前報道を理由に反対することは国民から理解されないだろう」と批判した。
(2013年2月8日09時16分
読売新聞)


関連ニュース

ロス市警の元警官、3人射殺し逃走…解雇に恨み
中国で大型施設倒壊相次ぐ、「おから工事」で?
ロス市警の元警官、3人射殺し逃走…解雇に恨み

エンジニア関係の求人サイト

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: